吸水土のうがあれば水害から身を守れる|使用方法について

土の要らない土のう

作業員

都市部の防災対策に最適

土のうといえば、水害対策に欠かせないグッズとしておなじみです。住宅の玄関や車庫の出入口などに積み上げ、浸水を防ぎます。また、復旧工事の際にも活躍します。都市型水害の深刻化がたびたび問題になる昨今では、ビルのオーナーや地下街の管理者なども常備しておくべきものとされています。ただ、都市部で土のうを使用する際には大きな課題があります。それは土の確保です。通常の土のう袋は中に土を詰めることで初めて使用可能になります。しかしコンクリートで囲まれた街中では、土を見つけるのが簡単ではありません。そんな場合に便利なのが、吸水土のうです。吸水土のうとはその名の通り、水を吸収することで土のうの用を足す製品です。吸水土のうを使用する際に準備するものは用水槽と大量の水、ただそれだけです。用水槽に水を張ったら、そこに吸水土のうを投入します。水槽は大型のゴミ容器や浴槽などでも代替可能です。水に浸された吸水土のうは5分前後で大きく膨張し、押したり突いたりしても簡単にはつぶれないような堅固な土のうになります。重量で比べると、吸水前は400グラム程度だった製品が20キログラム程度にまで膨らみます。土が要らないばかりでなく、中に詰める作業も不要なので、女性や高齢者にも扱えます。吸水土のうはホームセンターや救急救命用品ショップなどで購入できます。価格はメーカーやサイズによって異なりますが、吸水前400グラムの大きさで1枚1,200〜1,500円程度が相場です。